▲TOPへ戻る

眼科の診療案内

手術室

診療科目

白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血、黄斑前膜、黄斑円孔、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症など

*メガネとコンタクトレンズの処方は行いません。

外来案内(2階の総合受付へお越しください)

健康保険証、お薬手帳(内服中の方)、紹介状のある方は紹介状をお持ちください。
はじめての受診の方は外来受付時間内(月曜日~金曜日の9時~12時、および月曜日・水曜日・木曜日・金曜日の14時~17時)に御来院ください。
他の医療機関の紹介状をお持ちの方も上記の外来受付時間内に御来院ください。
なお外来診療の混雑を緩和し手術開始の時間を守るために、再診を予約制にさせて頂く予定です。

得意とする外来

*白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血、黄斑前膜、黄斑円孔、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症など

外来治療(2階で行います)

当院では、下記のような専門性の高い外来治療が可能です。

レーザー治療

適応疾患:糖尿病性網膜症、網脈静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症、網膜裂孔などの眼底疾患、緑内障、後発性白内障など

網膜光凝固

網膜光凝固では、点眼麻酔後、網膜の疾患部位にレーザーを照射して熱凝固させ、病気の進行を抑制する治療を行います。

ヤグレーザー(後発性白内障など)

白内障手術の合併症に人工レンズをつつんでいる嚢が濁ってくる後発性白内障があります。この濁りをヤグレーザーで取り再びよく見えるようにします。レーザーは嚢にあてるので痛みは感じません。

緑内障レーザー

緑内障で眼圧を下げるための治療の1つに選択的レーザー線維柱帯形成術があります。眼内の水(房水)が静脈から眼外へ流れる通路の出口である線維柱帯にレーザーを照射し房水の排出を改善するレーザー治療です。外来で点眼麻酔のみで行え、痛みはほとんどありません。

眼内注射

硝子体内薬物投与

加齢黄斑変性への先進的な治療である抗VEGF抗体という薬剤の投与治療を、硝子体注射により行います。

ステロイドのテノン嚢下投与

糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎の疾患が原因で黄斑浮腫になった場合の治療の1つです。結膜を小さく切開し眼球の後ろにステロイド薬を注入することで、黄斑部の浮腫を起こす原因物質を抑制します。

日帰り手術部門(4階で行います)

白内障手術

一般白内障手術、難治性白内障手術

硝子体手術

網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血、増殖硝子体網膜症、硝子体混濁症、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症、黄斑前膜、黄斑円孔、黄斑浮腫

緑内障手術

線維柱帯切開術、線維柱帯切除術

*白内障手術はもちろんのこと、すべての日帰り手術は院長の小山が責任もって行わせていただきます。